スタッフブログ 元気な生活 ハッケンブログ

青空スクール

こんなにたくさん作れたよ~!!

エコクラブ担当の成田です。 3/13(土)、2009年度最後の野外活動で、子ども達と一緒に下山へ行きました。今日は、日頃お世話になっている山遊里さんでウィンナー作り&バーベキューをしました。何回かウィンナー作り体験をしたことのある子や初めての子もおり、それぞれ皆楽しんでいました。出来上がったウィンナーはボイルをしてあるので、その場で少しだけ味見…。とても美味しかったね!!その後は山遊里のテラスでバーベキュー。コーチ特性の焼きソバが大人気で、コーチの分まで全部食べてしまいました。その後は川原に下りて、ヤマアカガエルの卵を探すつもりが、石の観察会となりました。色々な種類の石に興味を持ち、白井先生にどんどん質問をしていました。 下山の春を皆でゆったり気分で満喫できましたね。 20日(土)に今年度最後のスタディルーム学習があります。皆休まず来て下さいね~!!

畑へ行きました。

シイタケ

エコクラブ担当の成田です。 2/27(土)に久しぶりに下山の畑へ行きました。ダイコンがまだ植わっており、『もう食べれないかなぁ…』と思っていましたが、土の中に埋まっている部分は、水分も多く、味も甘く変わっていました。何回も凍ったり溶けたりしているので、見た目はあまり良くないけど、味は抜群!! 又、畑横の木陰に、シイタケの栽培をしています。春の収穫時期に向け、昨年より沢山収穫できそうな予感…!? 今日も少しだけ収穫できました。

青空スクール スタディルーム学習

海水づくり

海水づくり

エコクラブ担当の成田です。 2/20(土)、平針スイミングのスタディルームにて、青空スクール生が集まってお勉強会をしました。今日のテーマは『生き物のはたらき』。コップにあさり貝を入れて観察することで、あさりが水をきれいにする作用を学びました。 まずは、あさりを入れるための海水?づくり…。 本物の海水を煮沸消毒したものを見本に、少しずつ味を確かめながら、水道水に塩を入れて作りました。最後に比重計で確認し、あさりを入れました。なかなか口を開かなかったあさりも、しばらくジーッとしていると、口を開き、水を吸い込むための触覚みたいなものが出てきました。そこに、きな粉を水でといたエサ?を与えてみると、勢いよく吸い込むのが見れました。あさりは、体にネバネバしたものを持っていて、体に入ってきたものを固めて外に出す性質があります。これによって水が浄化されるんですね。今日は、貴重な実験をすることができました。

下山へ行きました!!

エコクラブ担当の成田です。 2月13日日(土)に、青空スクールの子ども達と一緒に、今年初の下山へ行きました。天気は良かったのですが、気温が低く、寒い一日でした。でも子ども達は、寒さなんかお構いなし…!! 元気に外での活動をこなして行きます。
杵は重かったね…!!

杵は重かったね…!!

今日は朝からバークパークへ行きました。午前中は餅つきをさせていただきました。昔ながらのかまどで蒔きを燃やし、蒸篭でもち米を蒸し、手作りの臼で餅を搗きました。子ども達も搗きたてのお餅に歓声をあげながら、2升のお餅をあっという間にたいらげてしまいました。
水が冷た~い!!

水が冷た~い!!

お餅を食べ、更にお弁当も食べて、午後からはビオトープでの活動です。池・川・橋に自分達で名前をつけて、そこの水質と水温の測定を行いました。16組のグループに分かれて、それぞれで考え調査をしました。今、水の中は、夏に生えた水草が枯れて、底に沈殿している状況です。それぞれの場所の水を汲み、PHと水温を計りました。これから年間を通じて、定期的に計っていくことで、又、採取した生物と合わせて、調査して行きたいと思います。
氷がはっている池も…

氷がはっている池も…

今日のもう一つのポイントは、冬に卵を産む『ヤマアカガエル』の卵を見つけることでしたが、今日は発見することができませんでした。でも、メダカやマツモムシを発見しました。水温は7℃でしたが、この水温でも元気に生き抜いていることに感動しましたね。 来月は山遊里でウィンナー作りに挑戦!! 楽しみだね。

琵琶湖の印象的な魚たち

雨が少ない寒い冬が続いていましたが、ここにきて少し雨が降り、畑の作物も一息つきました。1月16日(土)に琵琶湖博物館の観察会を楽しく終わることができました。
今回うれしい出来事がありました。 バスの中でのレクチャーでは事前学習をしました。「琵琶湖は日本で一番の湖です。何が一番でしょう?」 これはみんなよく覚えていました。 「日本で一番広いんでしょ」 「正解!!」 「深さは日本一ではないんだけど、すごく深い湖です。どれくらいだと思う?」 「はい!!」「103m~!!」 「すご~い。なぜ知ってるの?」 「だって先生がこの前来た時教えてくれたでしょ」 これはびっくりですね。一年前の琵琶湖博物館学習で私が話した内容を覚えていたんです。これはうれしいことです。子どもたちの記憶の中に一つ一つの活動がしっかりと刻み込まれているんですね。
その翌週にはスタディルーム学習がありました。これがまたおもしろい学習会でした。 「この前、琵琶湖の博物館で見た生き物で、これは気に入ったっていうものはありますか?」という問いかけに、「ビワコオオナマズ!」「サツキマス!」という琵琶湖を代表する魚たちに混じり、「ムギツク!」。ムギツクという魚は、ほかの魚が石に卵を産みつけて守っているところに、自分の卵を産みつけてその魚に自分の卵も一緒に守ってもらう“托卵”を行います。琵琶湖の学習でこの行動がよっぽど印象に残ったんでしょうね。 楽しみながら学ぶという自然学習の効果は、やはりすごいです。

スタディルーム学習

みんな真剣…!!

みんな真剣…!!

エコクラブ担当の成田です。 1/23(土)、平針スイミングのスタディルームにて、青空スクールの子ども達を集め、勉強会を開きました。白井先生にもお越し頂き、先週行った琵琶湖博物館のまとめや、4月から色々な活動をした中で、見たり捕まえたりした生物をまとめました。図鑑で調べたり、インターネットで調べたり、白井先生に聞いたりしながら、カードに描きました。初めは「めんどくせ~」と言ってた子も、しっかりと調べ上げたりと、やっぱり生物が好きなんだなぁ…と実感しました。これから2月3月と勉強会を開く中で、青空スクールの活動の内容・成果を子ども達と一緒にまとめていきたいと思います。

寒いのは当たり前!?

スイミングの森田です。このところ、厳しい寒さが続きますね。 冬は寒いのが当たり前なのですが、最近は何処へ行っても 快適な環境にしてある所が多いと思います。 しかし、それが本当に良いのでしょうか? 確かに、快適な環境に居れば、外部の刺激から守られているので 風邪を引くことも少なくなると思われますが、逆に免疫力が落ちていく気がします。 実際にプールに通っている子ども達を見ていると、薄着でも元気いっぱいで 風邪など病気とは無縁の子が多いと思います。 自然の力を利用して、健康な体作りをしてみるのも ひとつの考えではないでしょうか?

琵琶湖博物館へ行ってきました!!

img_4395エコクラブ担当の成田です。 1/16(土)、青空スクールの子ども達と一緒に、滋賀県にある琵琶湖博物館へ行ってきました。ここには、琵琶湖の固有種が飼育されていたり、日本の希少淡水魚や世界の代表的な湖に住む魚たちにあうことができます。昨年も行きましたが、思ったよりも広く、廻りきれなかったので、今年も行きました。中でもビワコオオナマズは、『琵琶湖の主』と呼ばれるだけあり、優雅に泳いでおり、子ども達も釘付けになりました。 青空スクールの子ども達は、生き物が大好きということももありますが何より観察力があり、何回同じ水族館へ行っても、新たな発見をします。水族館の楽しみ方をしっかりと身につけているなぁ…と、つくづく感じました。 2010年の青空スクールの活動も始まりました。さて、今年はどんな一年になるのでしょうか…!?

記録証をもらいました。

着替えた後にハイチーズ!!

着替えた後にハイチーズ!!

体操スクール担当の成田です。 先週1週間で、12月に実施した『運動能力テスト』の記録証を渡しました。皆それぞれが色々な思いで受け取りました。次回のテストまで、この記録が更新できるように、集中力を高め、沢山体を動かして行きましょうね。

下山に行ってきました!!

美味しくな~れ!!

美味しくな~れ!!

エコクラブ担当の成田です。 1/10(日)2010年になり初めて下山へ行きました。朝のうちは雪が舞っていたそうですが、私の着いた昼頃は気温も9℃あり、穏やかな天候でした。久しぶりに行き、下山の方々に新年のご挨拶を済ませ、畑へ行きました。ダイコンは実はまだ沢山残っています。寒くなり、霜が下りるとダイコンは美味しくなくなってしまいます。下山の方に『葉っぱまで土をかぶせておくと、冬を越せるよ!!』と教えてもらい、年末に土をかぶせようと思っていましたが、唯一行ける日に名古屋も下山も雪が降り出し、積もってしまったので、一歩遅かった… という状況で、今日を迎えたので心配してました。ダイコンはまだ何とか食べれそうな気がしますが、一度味見をして皆さんに伝えたいと思います。今日は畑にダイコンを干してみました。今日の朝テレビで、九州の農家でダイコンを干している番組を偶然見たので、試しに干してみようと思い、抜いたダイコンを綺麗に水洗いし、紐で縛って干してみました。さてどうなることか…??