スタッフブログ 元気な生活 ハッケンブログ

農業体験でした

農業体験ライターの佐藤です。 9日に下山の農業体験に行ってきました。ピーマンとナス、サツマイモの苗植え、トウモロコシの種まきをしました。
2日前に雨が降ったため、畑は一部分“田んぼ”状態(汗)。みなさん長靴で作業をしているのですが、靴が泥にはまってスポッ!!っと脱げてしまう人、泥にはまって身動きが取れなくなる人多数(苦笑)。「いっそのこと脱いじゃえ~!!」と子どもたち(なかにはお父さんお母さんも!)は裸足で作業をやっていました。
トウモロコシは毎年畑に種を直にまいていたのですが、今年はポットに蒔いて苗を植える方法にしてみました。この方が発芽率がいいんだそうです。実はこれまで発芽状態にかなりの差がありました。 トウモロコシは1つの穴に3粒ずつくらい種を蒔いて、一番成長のいいものを残して後を間引きしていたのですが、蒔いた箇所によって3つの種のどれもが元気に育つところがあれば、3つともまるで大きくならないところもあったのです。そのため、芽の出なかった場所には間引きした元気のいい苗を移植していたのでした。 それにしても、ポットの数がものすごいことになってしまいました(汗)今、畑の畦にズラリと並んでいます。これの植え付けもまた大変だ・・・

周りの田んぼでは、田植えが進んでいます

鳥羽水族館へ行きました。

エコクラブ講師の白井です。  4月25日(日)、鳥羽水族館観察会、楽しく無事に終わりました。 一般参加の子ども達の生き物観察の熱心なこと…びっくりしました。観察ノートに魚やイルカ・ジュゴンなど、特徴をとらえ描くことができました。それにとてもたくさんの質問をしてくれました。生き物を見て、『あれ? なんだろう』という疑問が湧くこと、好奇心が現れ、科学する心の始まり… とても素晴らしいことです。  今回は、館内を子ども達と一緒にいる時に、鳥羽水族館の館長さんにばったりと出会いました。『あれっ? 白井さん』 久しぶりの出会いでしたが、毎年平針スイミングの子ども達と来館することをお話し、今日のスケジュールを伝えると『へぇ~』と驚いていました。こんなに長く水族館を見学する団体はいないですから。平針スイミングスクールの鳥羽水族館ツアーは、水族館観察のお手本のようですね。

下山へ行きました。

エコクラブ担当の成田です。 久しぶりにブログをアップします。GWはみなさん楽しい思い出をたくさん作ることができましたか?気温が高く、やっと初夏の温かさになりました。

レタス

ジャガイモ

ジャガイモ

4月に植えたジャガイモもやっと芽を出しました。これからの生長が楽しみです。レタスは、気温が低かったせいか、生長が遅れています。このGWでだいぶ大きくなりましたが…。

何の足跡…??

畑の目の前の田んぼ(よその方の田んぼですが…)に、生き物の足跡を発見!! 何の動物かわからないけど、たぶん鹿か猪だと思います。自然豊な地域です。

ゆっくりと回さないと…。

山遊里で、『もものみせ』がつきたてお餅の販売をしていました。このお餅は、古代米の一種の緑米を使っており、普通のお餅と比べ、やわらかく、とても美味しいです。このもち米を石臼で引いて粉にして、小麦粉がわりに使います。ちょっぴりお手伝いをさせていただきました。1回転回す毎に10粒程のお米を入れます。骨の折れる仕事でした。でもこの苦労があるから美味しいお餅が食べられるんだね!! 次回は、5/8(土)青空スクール、5/9(日)農業体験と続きます。この日には夏野菜の、トウモロコシ・サツマイモ・ナス・ピーマン・トマト・ショウガ・カボチャを植えます!!

春の旬は大人の味!?

農業体験ライターの佐藤です。 ゴールデン・ウィークですね。皆さんいかがお過ごしですか?  私は昨日下山に行ってきました。お目当ては葉わさび。下山にはオーナー制のワサビ田があって、実は平針スイミングも区画を持っています。春にはわさびの花が可憐に咲きます。そろそろ花は終わりの時期ですが、柔らかい葉っぱを摘んできて葉わさび漬けにして食べるとおいしいのです。 ワサビ田といっても、下山のは杉林の中にあります。伊豆や安曇野にあるような水の中に生えているのではないので、ちょっとイメージが違うかもしれませんね。でも足場がぬかるんでないので、収穫しやすいです(笑)。 花は少ししか咲いてなくて、ちょっと残念でした。
葉わさびを取った後は、畑の様子を見に行ってみました。 まだ桜が咲いています。今年はなかなか温かくならないので、野菜の成長もちょっと心配。青空スクールの子どもたちが植えたジャガイモは、やっと芽が出てきたような感じでした。 この連休からはやっと春らしい(といってもそろそろ“初夏”といえるくらいの時期だと思うんですが…)陽気になってくるそうなので、がんばって(!?)芽を出してほしいものです。
ところで、畑の近くで春の“グルメ”を見つけました。 ジャーン!! ワラビです。けっこう生えているもんですね。もしかしたら、先日の農業体験の時にも見つけた方がいらっしゃるかもしれません。畑は高台にあるのですが、その斜面にワラビやゼンマイが生えます。雑草もいっぱい(^_^;)なので、目を凝らして探さないと分からないかもしれませんが…。GW明けの農業体験の時期もまだあるでしょうか。時期的にはもう遅いかもしれませんが、ちょっと探してみてください。 「山遊里」では地元でとれた山菜も売っていました。タラノメ、コシアブラ、ウドetc. 山菜を買って帰り、夕食はもちろんてんぷら!! おいしくいただきました。
さて、摘んできた葉わさびですが、インターネットをみるとおいしく食べる方法がいろいろ見つかります。ポイントはやはり辛みを出してそれを逃さないこと。ゆがく方法もあるようですが、私はゆがくと辛みが逃げてもったいないような気がするのでゆがきません。だし、しょうゆ、みりんを入れた漬け汁を沸騰させておいて、その中に粗く刻んだ葉わさびを入れます。余熱で火を通す感じ。 辛みを出すにはよく揉むといいとあったので、今回は漬け汁に漬ける前にもんでみました。ゆでていない分、ちょっと葉っぱのエグみがある気はしますが、それも春ならではの味。 ツンとした辛さがご飯やお酒(笑)に合います。蕎麦のトッピングにもおすすめです。

ビニール袋いっぱいに摘んできた葉ワサビを漬けたら、大きなプラスチック容器いっぱいになりました(笑)

ジャガイモ・レタスを植えました!!

早く大きくなあれ!!

エコクラブ担当の成田です。 4月11日(日)昨日に引き続き、しもやまの畑にて農業体験の活動日です。このクラスは、ファミリーで参加できるので、赤ちゃん~お父さん・お母さん・おじいちゃん・おばあちゃんまで参加でき、今日も0才の子がお父さんに抱っこされ、参加しました。 ジャガイモとレタスを植えました。大きなジャガイモは半分に切って植え、種類も3種類で男爵・メークイーン・キタアカリです。予定していた方が急に来れなくなった方もおり、5家族21名での活動でした。500㎡程の畑の2/3位の面積に皆で協力して植えました。慣れている方が多く、作業も捗りあっという間に終わりました。又、レタスは今年はサニーレタスはなく、玉レタスのみを植えました。その後、イノシシ除けに畑全面にネットを張りました。 順調に育てば、7月には芋掘りができそうです。収穫が楽しみですね!!

青空スクール2010年開始!!

男爵を植えました。

エコクラブ担当の成田です。 4月10日(土)青空スクールの2010年度の活動が始まりました。初参加の子が7名おり、初めは緊張していた様ですが、自然の中に入れば、どんな子でも直ぐに打ち解けて、お弁当タイムの頃には皆仲良くなっていました。 午前中の活動は、畑でジャガイモとレタスを植えました。何年も参加している子達が先頭となって取り組んだので、予定より早く終わり、さすが青空スクール生!! と感心しました。 初めての子達も、家庭菜園をやっている子もおり、なれた手つきで作業ができました。ジャガイモは、男爵とメークイーンを植えました。 昼からは、しもやまバークパークへ行き、ビオトープでの活動です。まずは着いたら直ぐにお弁当タイム!! 皆よっぽどお腹が空いていたらしく、食べ終わった直後にもう『お腹すいた~』の一言…!!  その後は、池や川の水質測定を行い、春の生き物探しをしました。昨年の同時期と比べると今年は生き物が少なく、まだ冬眠している生き物が多かったように思います。 来月もしもやまでの活動です。その前に、4月25(日)はエコクラブ企画『水族館へ行こう!!』で、三重県鳥羽水族館へ行ってきます!!

植樹をしてきました。

こんな大きなシイタケができるのかなぁ…

エコクラブ担当の成田です。 3月28日(日)、平針スイミングの体操・プール会員と青空スクールのお友達と一緒に、下山で植樹体験をしてきました。三河湖の畔に200本近い、もみじ・サクラを植えました。子ども達は初めての体験に、目をキラキラさせながら、植える目印のある場所を探して植えました。当日は天気予報では『雨』でしたが、良い天気に恵まれ、楽しく行うことができました。 又、サプライズで、シイタケの菌打ち体験もでき、2年~3年後に収穫できるということで、『その時は又呼んでね~!!』と皆大はしゃぎでした。 お昼ごはんには、五平餅・イノシシ汁・サンドイッチ等が振る舞われ、とても美味しかったね!! 昼からはバークパークへ行って、ビオトープで自然観察…。今日のテーマは『春を見つけよう!!』です。生き物たちは、まだ冬眠から覚めていなかったりで、あまり見つけることはできませんでしたが、楽しんで過ごすことができました。  又、数年後に自分達で植えた木がどうなったか、見に行きたいと思います。

青空スクール2009年度のまとめ

エコクラブ講師の白井です。 4月だというのに、真冬の様な寒さが続いています。3月中旬は、暖かな日が続いていたので、畑にジャガイモやエダマメを植え付けてしまいました。寒さで芽が枯れてしまいそうです。  年度の締め、スタディルーム学習が終わりました。今回は、ビオトープに住む生き物たちが、食べ、食べられる食物連鎖を生き物の絵を使い、説明してみようというものでした。  子ども達の得意分野が表れて、面白かったです。塗り絵が得意な子達は、細かく丁寧にチョウやバッタに彩色しています。お話を聞くのが好きな子達は、私の説明のわからない部分を何度も質問をし、作品を作ります。そして、お話を作るのが好きな子達は、独創的な食物連鎖を作り、皆の前で発表してくれました。  自然観察というのは、子ども達が持つ表現する力を養ってくれます。子ども達が持っている能力を、植物が成長する時に、光・水・養分・CO2など、様々な要素で体を作っていくように、見つけて採集して、観察して、描いて、走り、水をかき、潜り、耕す…凄いですね。このたくさんの一年間の活動が、子ども達の能力を作っていくのです。 4月から新年度が始まります。宜しくお願いします。

進級テスト

卒業生を囲んで『ハイ、チーズ!!』

体操スクール担当の成田です。 3/23(火)~29(月)は、半年に一回の進級テスト週です。マット・とび箱・鉄棒のテストをします。皆が見ている中、ドキドキする気持ちを抑え、日頃の練習の成果を発表することで、子ども達は心も体も大きく成長していきます。失敗したり、できなかったりなど、落ち込むこともあるけれど、その悔しさをバネにして次のステップに進める様、コーチはサポートします。 特に3月のテストは、小学校卒業と共に体操スクールも卒業となるので、6年生の子ども達は、皆それぞれ沢山の思いを持ってテストに臨みます。 中学生になっても頑張ってね!!

下山へ行きました。

エコクラブ担当の成田です。 2年前に菌打ちをしたシイタケが、こんなに大きくなりました。昨年も少量でしたが収穫できたのですが、今年はたくさん収穫ができました。採れたてのシイタケはやわらかくて味が濃く、食べ応えがあります。又、来年もたくさんできるといいなぁ…。