スタッフブログ 元気な生活 ハッケンブログ

蜂の子を食べました。

のぼりを立てました

のぼりを立てました

エコクラブ担当の成田です。 日頃活動している豊田市香恋の里しもやまの畑付近は、『小松沢』という地域になります。ここには小さなお宮さんがあり、地域の皆でお掃除をしたり、祭ったりと管理をしています。10/1(木)にこのお宮さんのお祭りを行いました。お祭りって言っても山車がでるわけでもなく、朝からお宮さんを掃除し、のぼりを立て、しめ縄を編み、皆で御参りをするといった内容です。夜には、皆でバーベキューを行い、ビンゴ大会もあり、親睦をはかりました。 昼間は、女性陣は夜のバーベキュー等の準備をして、男陣は山へ入ります。昔はお祭りと言っても食べるものも乏しく、山で自然薯や蜂の巣を探しては、お祭りの日の料理にしていたそうです。今は、それこそバーベキューなど食べるものも豊富で、本当は山に入って食べ物を調達しなくても良いのですが、昔のなごりで今も行っています。
蜂の巣です。9段ありました。

蜂の巣です。9段ありました。

写真はキイロスズメバチの幼虫です。

写真はキイロスズメバチの幼虫です。

蜂の巣を探すには、蜂のいそうな場所をさがし、蜂を見つけたら棒の先に餌をつけて、巣まで運ばせます。その蜂を親蜂といいます。棒の先につけた餌を抱え飛び立つ前に、白い『綿』を目印につけて、それを走って追いかけます。それを繰り返し行い、巣を確定していきます。蜂と言っても色々な種類がいますが、この日の狙いは『ヘボ』。クロスズメバチのことです。地面に穴を掘り巣を作っています。 その日のヘボは『ヘボ飯』にして食べました。初めは少し抵抗がありましたが、食べてみるとほんのり甘く、香ばしくとても美味しかったです。皆さんも下山に行ったら一度『ヘボ飯』を食べてみてください。